サンシャイン2057のおまけです DAD’S DEADとMOLE HILLS

DAD’S DEADとMOLE HILLS

サンシャイン2057に入っていたおまけ短編映画です。

制作国 イギリス

だいたいのあらすじ

サンシャイン2057の特典映像に短編映画が2編入っていたので紹介します。
ダニー・ボイル監督曰く、短編を映像特典に含められるのは(作品紹介できるので)嬉しいとのことです。

DAD’S DEAD

監督 クリス・シェパード
脚本 クリス・シェパード
上映時間 7分

ある男がカジャグーグーのリマールみたいな髪型をした友人ジョノとつるんでは悪さばかりしていました。
悪さと言っても可愛いものはなく、強盗もどきやらアイス屋の車を壊したりとやりたい放題のようです。
そんなある日、映画の約束をしていたジョノが「親父が死んだから行けない」と断られたので、びっくりした男はお悔やみを言いに行ったのですが、おっさんはぴんぴんしていました。
くそー騙しやがって!とジョノを探すと彼は公園で鳥に石をぶつけて虐めており、「何見てんだコラ!」と男をいきなりKOしました。

その後、ジョノは「猫を屋上から投げると楽しいぜ」などとのたまいながら、ある家に案内してくれたのですが、そこは盲人の家でした。
盲人は「ジョノはご飯を作ってくれる親切な子」と話していたのですが、実際にはジョノは盲人に腐ったものを食べさせたり、お金を盗んだりととんでもない悪事を働いていました。
またその家でKOされた男でしたが、ジョノは放火して逃げており、男は放火犯として逮捕され服役しました。
男の母は高齢で給食サービスを受けているそうですが、そのサービスを提供しているのはジョノでした。

悲惨な話です。
たまにPOPなアニメが挟まるのですが、ジョノは凄い悪役顔です。

MOLE HILLS

監督 ダン・アーノルド
上映時間 6分

道路沿いの歩道の入り口に建てられたポールをひたすら映した作品です。
たまに前の道路を人が車が通ったり、ハトが停まったりしています。
よく見ると歩道の前には6つ丘のように盛り土がしてあるのですが、誰も気には留めないようです。

その内に段々と丘は崩れたりしているのですが、特に大きな変化はなく、最後に謎の靄がかかった車のアップで唐突に映画は終わります。

謎の作品でした。もしかして最後のは盛り土からの視点?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする